SDGsへの取り組み
SDGs Action Plan

今中期経営計画を「SDGsの達成に貢献し、新たな未来社会に向け変革していく期間」と位置づけ、4つの基本方針のもと、以下の重点計画を策定し実行してまいります。

基本方針1

安全・安心でイノベーションにも対応した快適な高速道路の実現
1 料金管理業務の高度化・効率化の推進

基本方針2

多様なお客さまのニーズを踏まえた使いやすさの追求
2 地域との双方向連携
3 インバウンド対応の強化
6 CSの向上 ※基本方針3と重複)

基本方針3

ポストコロナ時代における経営力の強化
4 感染症リスクへの対応
5 労働安全衛生推進の強化
6 CSの向上
7 地域雇用の継続
8 事業環境変化へのチャレンジ

基本方針4

新たな日常に対応した誰もが生き生きと働けるワークスタイルの実現
9  職場環境の改善
10 人財の確保・育成
11 ほめる文化の構築を推進
5 労働安全衛生推進の強化 ※基本方針3と重複)
ネクスコ・トール北関東が事業を通じて貢献するSDGs目標
SDGs 当社の取組み(主な行動計画)
3.3 感染症対応
3.6 交通事故死傷者半減
料金精算機・遠隔収受の推進など、感染症リスクへの対応
労働安全衛生推進の強化
4.4 職業スキル向上 CSの向上(「お客さまの声」を活かした継続的なPDCA活動)
ほめる文化の構築、インバウンド対応の強化
5.C ジェンダー平等 多様な人材確保や生産性向上のための職場環境改善
女性の活躍推進
8.2 技術革新で生産性向上
8.5 働く喜びと正当な対価
8.8 安全・安心な労働環境
8.9 観光業の促進
高度化・効率化のため料金精算機・遠隔収受の推進
地域雇用の継続、多様な働き方の構築、労働安全衛生の推進
地域観光への協力
9.1 持続可能な社会インフラ 高度化・効率化のため料金精算機・遠隔収受の推進
11.2 誰もがどこでも行ける安全な輸送システム インバウンド対応の強化
MaaS社会における新たな事業の検討
17.17 パートナーシップ推進 地域との双方向連携、地域観光への協力
MaaS社会における新たな事業の検討